トップイメージ

 せ ば    
洗馬城 (上田市真田町)
2013年10月19日(土)

若穂太郎に登る予定でしたが、どうも午後雨になりそうな気配で、雨が降ってもすぐ降りられるところに変更することになった。
そこで真田町の洗馬城から実相院に抜けるコースを楽しむことになった。
国道144号から県道35号線を地蔵峠方面に少し行くと、右側に赤い鳥居がある。その前に5〜6出会いの駐車スペースがあり、
そこに車を止め、まず誉田足玉神社(ほんだたるたまじんじゃ)を訪れる。祭神として誉田別神、息長足姫命、玉依姫命と3柱が祭られており、
名前の一部を取りって、この名になったようだ。
誉田足玉神社の右後ろに洗馬城の入口がある。案内板は反対方向の畑の方向を指している。山城はどこも結構急登だ。
洗馬城跡で植物観察をして、さらに奥に向かう。159番鉄塔を過ぎ、1番の鉄塔てどこに建っているんだろうか?と話していると
1番鉄塔の案内板発見!!よく見ると160番の60が消えかけている看板だった。
お昼は近くの「そばの花」でおいしいお蕎麦をいただきました。温泉は最近リニューアルした。渋沢温泉(かけ流し)に入った。

誉田足玉神社前駐車場8:55 →洗馬城入口9::10→洗馬城(9:35 〜9:55)→観測点10:10→159番鉄塔10:20 →
傍陽ふるさと公園道路10:50 →実相院11:10 →誉田足玉神社前駐車場11:25

誉田足玉神社(ほんだたるたまじんじゃ)の鳥居

拝殿横には大きな欅の木がある

拝殿の裏に建つ本殿。石段は足の幅もないほど狭い。

本殿は素晴らしい彫刻がなされている

洗馬城入口、方向が逆さまになっている。左に進む。

洗馬城の登り口

洗馬城案内板

洗馬城跡で記念写真

洗馬城からの眺め

さらに奥に進む、あまり人が通っていないようだ。

測量の観測点がった。

  とりあえず記念写真

 
 中部電力の鉄塔にでる。信濃東信線159番鉄塔

  一瞬1番鉄塔発見かと思った。 160番鉄塔方向に進む。

 
傍陽ふるさと公園に向かう道に出る。

 
   実相院前を通り駐車場に戻る




途中で見つけた草木・キノコ
リュウノウギク ムラサキシキブ ナデシコブ
オミナエシ
ツリバナノ実 ツルリンドウの実  オケラの種
ホタルブクロ ヤマカシュウ? ヤマツツジ(狂い咲き) 
 ? センブリ  アケビの実 
 
 ?  フシグロ  


登山後に利用した温泉     渋沢温泉


戻る