トップイメージ

おおばやしやま                      はっとうさん      
大林山(上田市室賀)1333M・八頭山(千曲市上山田)1204M
2011年11月2日(水)

県道55号線(麻績インター戸倉線)の阪上トンネル前の広い駐車スペースに車を止め、、そこから登り始める。
5分ほどで進み、まだ残っているガードロープを跨いで今は通行できない旧55号線に出る。
大林山のみの予定でしたが、折角なので八頭山も登ることにした。大林山の登山道は気持ちよく登れた。
大変だったのは九竜山から反射板までの坂、ロープを頼りになんとか降りるも、時間が掛かった。
リスに出会い、キノコも採れてなななか面白いコースでした。温泉はびんぐし湯さん館を利用。

登山口(駐車場)9:20 → 旧県道55号9:25 → ガレ場9:40 → ぽんぽんの平10:05 →八頭山山頂10:25 → ポンポンの平10:45 →
岩井堂コース分枝口 11:05 →保安林標柱11:30 → 大林山山頂 11:45 → 下山12:30 → 九竜山山頂12:50 →反射板・風越分枝12:53 →
反射板13:25 → 清水神社山林入口13:45 → 駐車場13:55

県道55号線(麻績インター戸倉線)の阪上トンネル前に広い駐車スペースがあり、そこから登り始める 5分ほどで今は通行できない旧55号線に出る。
県道55号線(麻績インター戸倉線)の阪上トンネル前に
広い駐車スペースがあり、そこから登り始める。

5分ほどで今は通行できない旧55号線に出る。
まだ残っているガードロープを跨がなければならない。

すぐ右の37号カーブ付近に登山口がある 15分ほど歩くと登山道の右側にガレ場が広がる
すぐ右の37号カーブ付近に登山口がある

15分ほど歩くと登山道の右側にガレ場が広がる

見たことのない昆虫(ハネカクシの類? 八頭山と大林山の分枝、ぽんぽんの平
見たことのない昆虫(ハネカクシの類?)

八頭山と大林山の分枝、ぽんぽんの平

八頭山山頂、特に見晴らしがいいわけではない 再びぽんぽんの平に戻り、大林山に登り始める
八頭山山頂、特に見晴らしがいいわけではない

再びぽんぽんの平に戻り、大林山に登り始める

途中、留山の鉄条網が広がる、 岩井堂コースの分枝
途中、留山の鉄条網が広がる、
ビニール紐が絡まり異様な感じ

岩井堂コースの分枝
ここからほぼ平らな道になる

保安林標柱、ここから山頂まで、再び登りとなる 大林山山頂
保安林標柱、ここから山頂まで、再び登りとなる


大林山山頂


大林山山頂からの景色、右の方に根子・四阿山が望める

山頂の三角点 反射板方向に下山
山頂の三角点

反射板方向に下山

先日室賀峠から登った九竜山は大林山の八配合目 風越と反射板方向の分枝
先日室賀峠から登った九竜山は大林山の八配合目

風越と反射板方向の分枝

反射板までは急坂で、ロープが貼られている 反射板付近の鉄塔(室賀峠)と九竜山、八頭山経由大林山の分枝
反射板までは急坂で、ロープが貼られている


反射板付近の鉄塔(室賀峠)と九竜山、
八頭山経由大林山の分枝

巨大な電波反射板 サルノコシカケ、まだ若く柔らかい
巨大な電波反射板

サルノコシカケ、まだ若く柔らかい。

リスに出会えう。しっぽが見える。逆光で見えにくい 旧道に出る。清水神社山林登り口にあたる、駐車業まで10分弱の地点
リスに出会えう。しっぽが見える

旧道に出る。清水神社山林登り口にあたる
駐車業まで10分弱の地点。


途中で出会った花や植物
? リュウノウギク サンショの実
リュウノウギク サンショの実
オケラ イチヤクソウ ニシキギ
オケラ イチヤクソウ ニシキギ
ササバギンランの種? ? ?
ササバギンランの種?
ツルリンドウ ハナイグチ、食用、美味しい クリタケ、食用美味しい。猛毒のニガグリダケと間違えやすい
ツルリンドウ ハナイグチ クリタケ
天然のエノキダケ、食用、すご〜く美味しい。売られているものからは想像がつかない色形 コケ、名前はわからない。きれいだっtのパチリ コケ、名前はわからない。きれいだっtのパチリ
天然のエノキダケ
マツムシソウ 山ブドウ ムキタケ、食用、美味しい。毒のツキヨタケと間違いやすい
マツムシソウ 山ブドウ ムキタケ
トリカブトの種
トリカブトの種


登山後に利用した温泉   びんぐし泉 湯さん館



戻る