トップイメージ

 なかくら      
中倉山(上高井郡高山村)1686.5M 
2011年10月11日(火)

笠ヶ岳に登ったあと、車で移動し、すぐ近くの中倉山に上る。ゆっくり歩いて25分で山頂につく。
山頂で笠ヶ岳を眺めながら昼食。
帰りには七味温泉恵の湯により、少し下ったところにある雷滝を見物しました。(雷滝は別サイトで紹介)

登山口 11:05→ 山頂11:30 → 下山12:20 → 登山口12:20 →車で雷滝へ

道路からは虫倉山の道標が見えない。行き過ぎないように注意。村道鎌田入線に入る。 道路からは虫倉山の道標が見えない。行き過ぎないように注意。村道鎌田入線に入る。
山田牧場キャンプ場から数分のところで、村道鎌田入線
に入る。ここには特に中倉山の案内板は出ていない。

志賀高原・笠岳方面には行かず、村道鎌田入線に入る


中倉山の道標。入って10mほどのところ。反対側に駐車スペースあり 牛止め柵を開けて登山道いはいる。必ず閉めてください。
入って10mほど先の左に登山口の道標がある。
反対側には十分な駐車スペースがある。

牛止め柵を開けて、登山道に入る。


平坦な登山道、快適
巨大なダケカンバ。左下に人が立っているので、比較するとその大きさがわかる
平坦な気持ちよく歩ける登山道が続く

巨大なダケカンバ。左下の人と比べると大きさがわかる

中間地点に開けたところがある。 山頂近くは上りが急になる
紅葉の木々の間を進むのは清々しい

山頂近くは急な上りになる

あまり登らないのか、山頂の標識は一部壊れたまま。 山頂の三角点
中倉山山頂

山頂の三角点

笠ヶ岳が眼前に見える。まるで笠ヶ岳の見張り台。 紅葉の中を下山
正面に笠ヶ岳がそびえている

紅葉の中を下山



途中で出会った花や植物
ナギナタコウジュ トチの実、何か動物が食べたようだ 赤く色づいたナナカマドの実
ナギナタコウジュ トチノ実 ナナカマド
オヤマボクチの枯れた花 アキノキリンソウ つる性の植物、名前が分からない
オヤマボクチの枯れた花 アキノキリンソウ
ツルリンドウ ジンヨウイチヤクソウ オオカメノキの実
ツルリンドウ  ジンヨウイチヤクソウ オオカメノキの実 


登山後に利用した温泉   七味温泉 恵の湯


戻る