トップイメージ

みようぎさん  そうまだけ    
妙義山相馬岳 (安中市・富岡市)1104m
2013年10月31日(木)

紅葉を求めて妙義山にきましたが、下のほうはまだまだ鮮やかな緑色。中間道にもみじはいっぱいありましたが、
紅葉にはまだ時間がかかりそうです。中間道はハイキングみたいに快調で、第二見晴では少し紅葉も楽しめました。
ネットにもタルワキ沢の標識は見落としやすいとありましたが、案の定先頭の2人は見落として先まで行っていまい、
呼び戻して、タルワキ沢を登りはじめました。ここからは結構な登りの上、岩場で鎖場もあり結構苦労して尾根筋に。
そこで昼食、タウマル君がコーヒーを沸かしてくれてあったまりました。
そこから相馬岳までは楽な登り出、周りの紅葉を楽しみながらの登山でした。

駐車場出発9:40→山道入口9:42→関東ふれあい道(中間道)9:48→第一見晴10:05 →大黒の滝10:15→第二見晴10:30→タルワキ沢登り口10:48
尾根筋(昼食)12:15 〜12:50→相馬岳13:05 →タルマキ沢下り口13:3 →タルワキ沢登り口14:35→大黒の滝15:00:→第一見晴15:05→駐車場15:25

登り口が分からず一度行きすぎて駐車場に戻る

駐車場のすぐ先に登り口があった

妙義神社の裏の舗装道路を登り、妙義神社のすぐ手前で
左に折れ、関東ふれあい道(中間道)に入る
道はきちんと整備され、階段が多い


大の字に登るところを過ぎ、中間道を更に進む
第一見晴に到着
第一見晴らしに登る、蛇がいたが動きが悪い

第一見晴からの眺望

大黒の滝

途中の沢には橋がかかり、昔たがされた橋もすぐ下に

第二見晴

第二見晴からの景色、少し紅葉が

標識が小さく、先頭2人はに逃して先に行ってしまった。

2人を呼び戻しタルワキ沢を登りはじめる

標識や目印はしっかり附いている

だんだん険しくなってくる

鎖場を超えもうひと踏ん張り

天狗岳と相馬岳とのルート上の尾根にでる。

相馬岳に行く途中の紅葉の中で

天狗岳方向の紅葉がよく見える

     
 
相馬岳山頂にて

 
  相馬岳山頂の三角点

 
 
 相馬岳山頂から景色

  無事下山

 



途中で見つけた草木・キノコ
リンドウ ムラサキシキブ コアジサイ
ヒヨドリジョウゴ


登山後に利用した温泉     妙義ふれあいプラザ 妙義温泉 もみじの湯


戻る