トップイメージ

 くまくぼやま 
熊窪山 (須坂市)1253.7M
2013年 6月6日(木)

ネットで調べた登山口がわからず、少しウロウロして結局、通行制限の看板の前に車を止め、登山道を探すことにした。
5分ほど歩くと観音像があり、道が二股になっていた。参考にしたWEBに「川沿いをいく」とあったので川沿いの道を選び
歩き出すい。10分少々のところに通行禁止の看板が有り観音像まで引き返し、もう一方の上に行く道を進む。
なんとかWEBで調べた登山口に到着。ついてみれば、ここまで来るまで入れたようだ。
少し休んで登り始める。初めはほとんど平らな広い林道を散歩気分で気持ちよく歩く。熊窪山登山口からは杉林の中を
54番鉄塔方向にゆっくり進み、三十一曲がりからきつい登りとなる。何回曲がったか数えていなかったが、本当に
三十一回曲がったのか?あるいは多いという意味で三十を使い、ここは更に多いということで三十一曲がりとなったのか
定かではない。ともあれ無事54番鉄塔につく。景色は抜群。少し休んで山頂に向かうが、次が「稜線北端出会い」と
なっているのを、北に進むものと勘違いして山頂と逆方向に進み、というで途中で変だと気づき54番鉄塔に戻る。
山頂に行く途中でまた道が2つに分かれており、広い道ではなく直登に近い道を選ぶ。山頂までは10分ほど藪こぎ状態。
山頂には三角点があるのみで何もなく、眺望も効かない。そうそうに下山。「稜線北端出会い」がどこだかわからなかった。
もしかすると分かれ道で太い方に進むと、「稜線北端出会い」につき藪こぎは少なかったのかもしれない。
54番鉄塔に戻り景色の良いところで昼食をとることにした。
いろいろ間違えたが、すんなり行けば駐車所に戻って昼食をとることになったかもしれない。それではつまらないので、
ころはこれで楽しい山登りでした。

駐車場出発9:00 →観音像9:05→登山道入口9:40 →熊窪山登山口10:05→54番鉄塔案内板10:10→54・55番あ案内版10:20→
54番鉄塔(小休止)10:55→再び54番鉄塔11:10→熊窪山山頂11:30→54番鉄塔(昼食)11:50→下山12:25→登山口13:20→駐車場13:35

この先通行不可の看板有り、手間の空き地に車を止める

観音像のところで道が2つに分かれている。標識なし

登山道入口にやっとつく

何の花か?上を見ると桐の花が散ったものと分かった。

熊窪山登山口

鉄塔のための使用承諾の看板と54番鉄塔案内板

杉林の中を気持ちよく登る

54番鉄塔へ、この先31曲がりの結構な急斜面

54番鉄塔

山頂下で道が二つに分かれていた。直登方向を選ぶ

藪こぎが少し楽に、しかしこのあとまた大変な藪こぎが

頂上の三角点

頂上で記念写真。見晴らしはまるできかない

急斜面を藪こぎで降りるのは一苦労

疲れた顔してババンバン、54番鉄塔につく

登山口付近から見た熊窪山



途中で見つけた草木 
フタリシズカ フジ レンゲツツジ
ギンラン ツクバネウツギ チゴユリ
ヤブレガサ ボケ オニグルミの雄花
オニグルミの雌花 アヤメ


登山後に利用した温泉     温湯(ぬるゆ)温泉 湯〜ぱれあ


戻る