トップイメージ

 きみょうさん      
奇妙山(長野市松代)1099.5M 
2011年10月26日(水)

保基谷岳を登ってから、車で林道づたいに松代の奇妙山登山口に移動。朝は霧雨が少し降っていましたが、天候は回復。
歩いているときはそうでもなかったが、休憩すると肌寒い気候。高見岩で景色を楽しみ、山頂についたのは1時近かった。
昼食をとる間も寒く、皆1枚多く着込み、早々に下山。温湯温泉「湯〜ぱれあ」で体を温める。
保基谷岳はまた別のサイトで紹介しています。

登山口11:05→ 雨巌山分枝点11:49 → JA総合研究所分枝点12:10 → 高見岩12:17 →山頂12:53 → 下山13::20 → 登山口14:50

林道と登山口方面の分かれ道。岩沢登山口まで車で1分 岩沢登山口、トレッキングコースの案内図が横にあった
奇妙山岩沢登山口方面へ

岩沢登山口。

雨巌山と奇妙山の分子点 JA総合研究所方面と奇妙山の分子点。いかにも里山らしい道標だ。
雨巌山と奇妙山の分子点

JA総合研究所方面と奇妙山の分子点

杉林の中を登る 高見岩。岩の上で小休止、景色を楽しむ。
杉林の中を登る

高見岩

 
高見岩からの景色、すぐ前は皆神山

 
もうすぐ山頂 山頂の祠
もうすぐ山頂

山頂

三角点 山頂、寒くて1枚着込む
三角点

下山前に記念写真



途中で出会った花や植物
シロヨメナ マムシグサノ実生、マムシグサは朱りぃが多く、正式の名はわからない アオツヅラフジ
シロヨメナ マムシグサ アオツヅラフジ
マルバルコウソウ。熱帯アメリカ原産で、江戸時代、観賞用として持ち込まれ野生化したヒルガオ科のツル性植物 葉の独特の臭いから臭木、クサギの名が付いた 葉がたばこの葉に似ているので名が付いた、ヤブタバコ
マルバルコウソウ クサギ ヤブタバコ
アブラチャンの実生     
アブラチャン     


登山後に利用した温泉   温湯(ぬるゆ)温泉 湯〜ぱれあ



戻る