トップイメージ

かつらお                ひめ    
葛尾城(葛尾山)姫城(横吹山)(坂城町)805M645M
2012年10月3日(水)

坂城神社後ろ斜め横の駐車場に車を止め、神社の後ろから登り始める。どちらからでも行ける分岐を右に折れると
坂がきつくなり始める。周りは赤松林で入残禁止の張り紙があちこちに貼ってあった。1時間と少しで葛尾城跡に到着。
途中多分私たちとは違う方向から登ったであろう園児の声が聞こえていたが、頂上で一緒になった。
園児たちはこれから栗拾いをするというのでそこで別れ、姫城に向かう。姫城で昼食をとると弱い雨がポツポツしてきた。
姫城から直接下る道がわからず、とめ山に入るわけにもいかないので、葛尾城との分岐まで登り返した。
途中坂城方面の道標があったが、すぐ先がとめ山でと売ることができず、分岐まで戻り下山をはじめる。
下山途中に坂城神社方向を示すしっかりした道標があったが、ここもすぐとめ山になっていて、迂回路を下山する。
少し下ると大きは岩に出くわした。熊野修験と書かれた御札と祠があり、修行の場所だったようだ。
登り始めの分岐に来ると、私たちが登った道から下山してくる園児に再び出会った。たくさんクリを拾ったようだ。
坂城神社に詣で、少し見学してから駐車場に戻りびんぐし湯さん館に向かう。。

駐車場出発 9:40 →分岐9:50 →赤松林のザレ場10:08→葛尾城10:55→ 葛尾城出発11:05→姫城分岐11:18 →姫城11:40(早めの昼食)→
姫城出発 12:05 → 姫城分岐12:30 →分岐12:50→熊野修験祠13:10→ 坂城神社13:30→駐車場13:40 →びんぐし湯さん館14:00

坂城神社。この斜め後ろの駐車場に車を止める

坂城神社のすぐ横にある大英寺の山門

登りはじめるとすぐ入山禁止の張り紙が

赤松林で両側は入山禁止。細かい石で登りにくい

一本の低木全谷コケがびっしり生えていました。

葛尾城からちきま側方面の眺め

葛尾城跡

葛尾城では遠足に来た幼稚園児と一緒になる

葛尾城の少し下にある三角点。

坂城からの登山道の姫城と葛尾城の分岐

姫城の堀切を回り込む

姫城跡

松林の中を下る

坂城神社方面はとめ山になっていて、迂回路が出来ていた。

切り立った岩に出くわす。

熊野修験のおひだと祠があった。昔は修行の場のようです。


途中で見つけた草木
アキノキリンソウ ネズミサシ ヨウシュヤマゴボウ


登山後に利用した温泉   びんぐし湯さん館




戻る