トップイメージ

いのうえ      おおぼら
井上山・大洞山 (須坂市)771.3M 847M
2011年5月25日(水)

今回は井上山と大洞山に登り、約5時間半(休憩含む)の行程、「てくのろじぃ〜」としては長丁場場になりました。
井上山には井上氏の山城があり登り始めは結構な坂、山城はたいてい登りがきつい所があるものです。
井上山は777.1Mとそれほど高くない山なのに、1等三角点が設置されていますが、景色はよくありません。
井上山から大洞山に行く途中、またしても鉄塔に出くわしました。花はギンランとササバギンランの両方見ることができました。
温泉はすぐ近くの公共の温泉で温湯(ぬるゆ)温泉 「湯〜ぱれあ」に入りました。

登山口 9:05 → 基本三角点 9:25 → 小城跡9:33 → 井上城跡・大城跡9:45 → 井上山山頂10:40 →大洞山山頂(昼食)11:20→
乗越(のっこし)峠12:50 →竹の城12:55 →藤山の鼻13:25 → 浄運寺 13:50 → 登山口 14:30→温湯(ぬるゆ)「「湯〜ぱれあ」14:35

登山口横の駐車スペース。県の天然記念物「井上の枕状溶岩」のすぐ横。枕状溶岩は菅平でも見ることができる 井上山登山口、井上山の中腹に井上城址がある。登り口は階段になっています。
登山口横の駐車場、長野県天然記念物
「井上の枕状溶岩」のすぐ横にある

井上城登山口の看板が付いている。
登山口は階段になっている

最初の坂を登り終えると少し平らな道が 基本三角点、周りはコンクリで固められています。
登りきるとなだらかな道に

「基本三角点」 三角測量に用いる際に
経度・緯度・標高の基準になる点のこと。

何株かのギンランに出会いました サンショウの花、すごく小さい
ギンランをぽつぽつ見つけることができる

サンショウの木が多く、葉をかじり
爽やかさが口に広がる。

小城跡 大城跡、ここからの眺望は抜群
小城跡

大城跡


大城跡からの眺めは抜群
大城跡からの眺めは抜群。


大城と小城と空堀りの位置
大城と小城と空堀りの位置


淨運寺と井上山の分かれ道。左に行くと淨運寺 そこらじゅうに「虫こぶが」ありました。
淨運寺と井上山の分かれ道


虫こぶ(中に幼虫が入っている)が沢山あったあ。
「ナラメリンゴフシ」?ナラメリンゴタマバチの仕業?

井上山山頂、景色は良くない。 一等三角点
井上山山頂、771.3m。景色はあまりよくない


井上山の一等三角点


井上山から大洞山に向かう途中、井上山を少し下ったところで出会う14番鉄塔 大洞山山頂。景色はいまいちですが、昼食タイム
14番鉄塔


大洞山山頂、847m


竹の城跡に向かう 乗越峠(のっこしとうげ)
竹の城へ向かう


乗越峠(のっこし)


このお地蔵様が縁結地蔵であると、後で知りました。 竹の城跡、ここからは眺めが良かった。もっともそうしたところに山城は作られている
縁結地蔵


竹の城は大城、小城とともに井上氏の城塞群を構成
善光寺平らが一望にできる遠見の山城

藤山の鼻に向かって下り始める、山城だけに結構急峻 下山途中に見える井上山、左側に14番鉄塔が立っているのがわかる
竹の城から藤山の鼻に向かっており始める。


井上山が見える。15鉄塔が山頂の左にあるのがわかる


淨運寺 小坂神社
淨運寺


小坂神社
境内には大きく立派なケヤキが多い



途中で出会った花や植物
ツクバネウツギ。菅平にはあるのはほとんどがノリウツギ ツクバネウツギ、こちらは花の色が黄色い ギンラン
ツクバネウツギ ギンラン
マユミ ヤマツツジ、里に近い低いところにおおい ヒメハギ、かわいい花
マユミ ヤマツツジ ヒメハギ
イブキジャコウソウ、菅平高原にも多く自生している。タイムのにおいがする ネズミサシ。実はやがて黒っぽく熟す。ネズミを指すほど鋭い葉で、触れると痛い ヒョウタンボク
イブキジャコウソウ ネズミサシ ヒョウタンボク
ウメガサソウ、菅平高原のウメガサソウは7月に咲きます。 ハナニガナ、花弁の枚数が多い ホタルカズラ、カズラはツルの意味がある
ウメガサソウ ハナニガナ ホタルカズラ
ジンヨウイチヤクソウ、菅平にはこのほかイチヤクソウ、ベニバナイチヤクソウ、子イチヤクソウなどがある レンゲツツジ、標高が高くなるとでてくる サンショウの花
ジンヨウイチヤクソウ レンゲツツジ サンショウ
クルマバソウ、においがいい ヤブレガサ、見たとおり ヒトリシズカ、花が終わり種になっている
クルマバソウ ヤブレガサ 「ヒトリシズカ(花が終わり種に)
チゴユリ、10cmほどの小さなゆり ササバギンラン、ギンランと葉が違う コバノガマズミ
チゴユリ ササバギンラン コバノガマズミ
センボンヤリ ヤマフジ、花をてんぷらにするとほんのり甘実がありおいしい ニセアカシア、こちらも花が天ぷらになる
センボンヤリ ヤマフジ ニセアカシア


登山後に利用した温泉   温湯温泉 湯〜ぱれあ



戻る